車両の紹介

広報車

車両詳細 全長469㎝ / 全幅169㎝ / 全高215㎝ / 車両総重量3005㎏ / 乗車定員6人

広報車は、火災予防広報や地域、事業所への防災指導などに使用する車両です。また、火災時の原因調査に使用する資機材が積載されています。

広報支援車

車両詳細 全長468㎝ / 全幅182㎝ / 全高195㎝ / 車両総重量1885㎏ / 乗車定員5人

災害現場における現場の支援や広報活動、また水難事故等でボートトレーラーを牽引する時などに使用する車両です。

大型水槽車(タンク車)

車両詳細 全長854㎝ / 全幅249㎝ / 全高338㎝ / 車両総重量19,990㎏ / 乗車定員2人

大量の水10,000Lをタンクに積載し、消火栓等の水利がない火災現場での支援を主目的にした車両。小型動力ポンプを搭載している為、本来の移動水利としての用途のみならず初期消火へも対応可能。

化学消防ポンプ自動車(化学車)

車両詳細 全長827㎝ / 全幅248㎝ / 全高310㎝ / 車両総重量12,990㎏ / 乗車定員6人

化学車は、危険物火災に対応できるように製作された車両で、10t級トラックシャシをベースにA-1級ポンプ装置、容量2,000Lの水槽容量に泡消火薬剤を積載、車体屋根上に着脱式放水銃3000型を搭載。また、消火剤吸入配管を装備し南西石油火災などで原液車両より泡消火薬剤を補給し泡を放水し窒息消火をする車両である。

また、豊富な資器材を積載できるオールボックス型の車両です。

指揮車

車両詳細 全長485㎝ / 全幅183㎝ / 全高218㎝ / 車両総重量2,420㎏ / 乗車定員8人

災害現場で指揮をとる車です。現場指揮に必要な資機材が載っています。指揮車は、災害現場において指揮に必要な各種情報を収集・分析し、効率的な消防活動を行うための車両です。また、常時現場の状況を消防本部へ送り、本部による部隊運用等を容易に行うためにも活用されます。災害時の情報を正確に把握して各部隊を指揮統制するため、なくてはならない車両の一つです。

救助工作車

前 方 後 方
車両左側積載器具 車両右側積載器具
車両詳細 全長918㎝ / 全幅249㎝ / 全高351㎝ / 車両総重量13,600㎏ / 乗車定員6人

火災や交通事故・水難事故などあらゆる災害現場に出場する車両です。救助工作車は、迅速・確実な救助活動を実施するために必要な機械器具、資器材を積載しており、車両上部には最大2.9tまで吊り上げ可能なクレーンやメタルハライドランプ2kw×2灯の照明灯装置、5tまで牽引可能なウインチを装備しています。シャッター内には各種救助器具が収納され、交通事故で変形した車両を押し広げて救出する大型油圧救助器具、圧縮空気を利用したマット型空気ジャッキや有毒ガス測定器などがあります。

指令車

車両詳細 全長475㎝ / 全幅179㎝ / 全高165㎝ / 乗車定員5人

連絡車 移動のときや出向等のときに使用し、緊急走行も可能です。

資機材搬送車

車両詳細 全長605㎝ / 全幅190㎝ / 全高287㎝ / 乗車定員3人

災害時に使用資機材やジェットスキー等を搬送する車両、主に水難救助車両として活躍し小型クレーンを使って海上からの吊上げ等も行う事が可能です。

はしご車

車両詳細 全長1,057㎝ / 全幅249㎝ / 車両総重量19,160kg / 梯子全高約31m /
梯子全短縮9.4m / 乗車定員6人

はしご車は、高所での消防活動で活躍します。火災時や高層階に取り残された人の救出や高所からの消火活動及び警戒活動などを行います。

バスケット
最大重量:400kg未満
搭乗人数:約4~5人
基本操作レバーで起伏・旋回・伸縮・リフター操作を行います。

水槽付きポンプ車

2000Lの水タンクが搭載されている消防ポンプ自動車です。この水タンクを利用して、火災発生時に迅速な初期消火を行います。また、A-Ⅱ級以上のポンプを搭載し有圧水のみならず、自然水を利用した消火活動を行うことができます。

さらに、車両上部には縮長3.535m、全長8.7mのチタン製3連梯子を積載し、建物上部(およそ3階部分まで)への活動時に使用します。また、キャビン内には4機の陽圧型空気呼吸器を積載しているほか、車両側面のシャッター内には火災時に使用する資器材を載せており、エンジンカッターやチェーンソー等の破壊器具も積載しています。

高規格救急車

病気やケガをした人の観察や処置を行いながら、病院まで搬送する車です。

東部消防では実動車:4台(本署:2台 南風原出張所:1台 西原出張所:1台)、救急予備車:1台の計5台で救急業務を行っています。

救急車の車内には、観察の時などに必要な資機材がたくさんのっています。 救急車を後ろから見た様子。ここから患者さんの乗り降ろしを行います。患者さんの搬送の際には、いろんな資機材を利用し搬送します。
ストレッチャーと呼ばれる動くベッドで患者さんの搬送に使う主な搬送資機材です。 様々な搬送資機材です。いろいろな現場の状況や、患者さんの容態に合わせて、搬送資機材の選定を行います。オレンジ色の板はバックボードと言い、交通事故などで背中や腰を痛めたときに全身を固定し、ケガの悪化を防ぐための資器材です。
救急車に積載されている資器材の一部を紹介します。
左側から、AED(自動体外式除細動器)・携帯型酸素ボンベや人工呼吸を行うため資器材などが入っている呼吸管理バック・吸引器があります。